プラネタリウム館イベント案内

 ホームの中のプラネタリウム館の中のプラネタリウム館イベント案内

プラネタリウム館・星だより 2018年7月号

 そろそろ梅雨が明け、夏本番になる7月です。

 「七夕」というお楽しみがありますから、どうしても七夕の星、すなわち1等星のベガ(織姫星:こと座)やアルタイル(彦星:わし座)、デネブ(はくちょう座)が注目されることになります。

 ところが、この夏はむしろ、南の1等星アンタレス(さそり座)のあたりに注目すべきでしょう。何しろ、西に"宵(よい)の明星"「金星」、アンタレスの近くに「木星」、それより東の方に「土星」と「火星」、と、目立つ惑星4つが夜空にそろうからです。これは、めったにあることではありません。

 そんな惑星の見え方など、今年7月の星空と天文現象をご紹介しましょう。


 

☆今月の星空(2018年7月1日 23時)

Starsky-18-07.JPG

※同じように見える時間:7月中ごろ...22時ころ  7月末.........21時ころ

月の見え方や惑星の位置は、毎日変わっていきます

☆2018年7月の天文カレンダー

 

  2日(月)...半夏生

  6日(金)...下弦

  7日(土)...七夕

        二十四節気「小暑」

 12日(木)...水星が東方最大離角(夕方の西の空低いところに見える)

 13日(金)...●新月(オーストラリア南部で部分日食が見られる)

 16日(月)...海の日

 20日(金)...上弦

        夏の土用

 23日(月)...二十四節気「大暑」

 25日(水)...月と土星がかなり近づいて見える

 28日(土)...○満月(夜明けのころに、月が欠けながら沈む「月没帯食」になる)

 30日(日)...みずがめ座デルタ南・北流星群がピーク(出現期間7月15日~8月20日)

        やぎ座アルファ流星群がピーク(出現期間7月10日~8月25日)

 31日(月)...火星が地球に最接近(およそ5759万kmまで近づく「大接近」:明るさ-2.8等)

 

☆注目の天文現象Mar18-07.jpg

 

・火星が大接近(31日)

 31日に、赤い惑星「火星」が、地球に近づく「最接近」を迎えます。

 しかも、今回の最接近は、地球にかなり近づく「大接近」になります(距離およそ5759万km)。そのため、明るさも-2.8等とかなり目立つようになり、望遠鏡で拡大しても、赤く丸い姿がわかりやすくなります。

 

大接近した火星(拡大した姿:7月31日22時)⇒

※夜空での見え方は下の図を参照してください

 

・今月の金星・木星・土星

 今月は、"宵の明星"「金星」や最大の惑星「木星」、リングでおなじみの「土星」も夜空で目立ちます。つまり、日没間もない時間に、特に目立つ4つの惑星がいっせいに見える、という珍しいことになります。

 今月の金星は、夕方の西の空で-4.2等の明るさになっており、16日には細い月と隣りあって見えます。この後、8月18日に、いちばんの見ごろ「東方最大離角」になります。

 一方の木星は、2つの1等星スピカ(おとめ座)とアンタレス(さそり座)の間で、-2.3等くらいの明るさになっています。望遠鏡で拡大すると、表面のしま模様や、まわりを回る「ガリレオ衛星」4つの様子も観察できます。

 そして、土星は、アンタレスより少し東寄りのところで、0.1等くらいの明るさになっています。望遠鏡で拡大すると、おなじみのリングの姿を楽しめます。

4planet18-07.JPG31日 20時30分の4惑星の様子(南~西の空での見え方 右:木星・土星を望遠鏡で拡大して見た様子)

 

 

2018.6.28 更新  文責 : 加古川総合文化センター 学芸員 伊藤

星図 : 天文ソフト「Stella Navigator Ver.9」(アストロアーツ刊) による


戻る このページのトップへ戻る
加古川総合文化センターへのお問合せ情報

TEL:(079)425-5300 FAX:(079)425-1552 所在地:郵便番号675-0101 兵庫県加古川市 平岡町 新在家1224-7

お問い合わせ