プラネタリウム館イベント案内

 ホームの中のプラネタリウム館の中のプラネタリウム館イベント案内

プラネタリウム館・星だより 2018年10月号

 秋が深まり、さらに涼しくなっていく10月です。紅葉はまだもう少し後の話ですが、その代わり、夜空の月はきれいだといわれている時期です。

 その一方で、星空は、夏の明るい星々が西へ去って、ややさびしいといわれる秋の空へと変わります。ただし、南の空に1等星フォーマルハウト、北にW字形が目立つ「カシオペヤ座」、そして天高くに秋の星座探しの頼りになる「ペガスス座」など、意外におもしろい星・星座があります。

 そして、惑星も、金星と木星の見ごろが終わる一方で、土星と火星がもうしばらく楽しめます。

 そんな今年10月の星空と天文現象をご紹介しましょう。


 

☆今月の星空(2018年10月1日 22時)

Starsky-18-10.JPG

※同じように見える時間:10月中ごろ...21時ころ  10月末.........20時ころ

月の見え方や惑星の位置は、毎日変わっていきます

☆2018年10月の天文カレンダー

 

  2日(火)...下弦

  8日(月)...体育の日

        二十四節気「寒露」

  9日(火)...●新月

        10月りゅう座流星群(ジャコビニ流星群)がピーク(出現期間10月5日~10月13日)

 15日(月)...月と土星がかなり近づいて見える

 17日(水)...○上弦

 18日(木)...月と火星がかなり近づいて見える

 20日(土)...秋の土用

 21日(日)...十三夜(後の月:日本では、この日もお月見をする習慣がある)

 22日(月)...オリオン座流星群がピーク(出現期間10月10日~11月5日)

 23日(火)...二十四節気「霜降」

 24日(水)...天王星が衝

              (おひつじ座の中で5.7等の明るさ:観察は双眼鏡か望遠鏡を使うのが望ましい)

 25日(木)...○満月

        金星が内合(金星が太陽と地球の間に入る:この後は「明けの明星」になる)

 

☆注目の天文現象

 

・今月の惑星の様子(金星・木星・土星・火星)

 今年の夏は、 "宵(よい)の明星"「金星」、最も大きな「木星」、リングのある「土星」、赤い「火星」という4つの惑星が見ごろでした。そのうちの土星と火星が、今月もまだ観察できます。

 特に土星は、南~西の空で0.3等くらいの明るさで見えます。リングのある姿も、望遠鏡で観察することができます。

 火星は、その土星よりさらに東の方に見えます。ただし、しだいに地球から遠ざかっていくため、明るさが-1.3等から-0.6等まで暗くなっていき、望遠鏡で見た姿も小さくなっていきます。

 なお、月が、15日に土星、18日に火星に近づいて見えます。

Saturn-Mars18-10.JPG18日 20時の火星と土星の様子(南~西の空での見え方 右:土星と火星を望遠鏡で拡大して見た様子)

  

 一方、金星と木星は、今月になると早い時間に沈むので、観察しにくくなります。

 特に金星は、25日に「内合(ないごう)(金星が太陽と地球の間に入る状態)になって見えなくなります。その後、来年の中ごろまで、明け方が見ごろの「明けの明星」になります。

 

2018.9.26 更新  文責 : 加古川総合文化センター 学芸員 伊藤

星図 : 天文ソフト「Stella Navigator Ver.9」(アストロアーツ刊) による


戻る このページのトップへ戻る
加古川総合文化センターへのお問合せ情報

TEL:(079)425-5300 FAX:(079)425-1552 所在地:郵便番号675-0101 兵庫県加古川市 平岡町 新在家1224-7

お問い合わせ